リヴィエラ海岸を巡る⑦ジェノバへ

6月8日。
 涼しくて気持ちのいい朝。きょうも晴れている。
朝食はホテルの屋上のテラスでいただく。昨日買ったバナナとレモン、日本
から持ってきたシリアルバー、コーヒー。準備が大変。部屋の玄関を出て、
螺旋階段を上って、屋上のテラスのテーブルまで運ばなければならない。
でも、世界遺産の絶景の中での朝食!最高だ。
画像

画像

画像

 朝食後、港のほうまで下りて行った。朝なので昼間のような賑わいはまだ
なく、静か。
画像

画像

 10時前にホテルをチェックアウトしようと思ったのだが、オーナーが
どこにもいない。チェックインのときに宿泊代は前払いしたので、
用がないと言えば、ないのだが、何だか変。しかたなく、部屋の玄関ドアに
鍵をかけたまま、何も挨拶することもなく、ホテルに別れを告げた。
 駅までの道は下り坂だけど、今度は助っ人なし。最大の注意を払い
ながら、ゆっくり、休み休み駅まで行く。民家の壁にこんなものも。
画像

画像

 さあ、きょうはこれからジェノバに向うのだ。
1つ先の駅、モンテロッソまで行き、そこで10時54分発のインターシティに
乗る。モンテロッソのホームで待っていると、直前に電車の到着ホームが
変更になり、慌てて移動する。
画像

 インターシティは2等車でも全席座席指定。インターシティは乗車券を購入と
同時に席が決まってしまう。切符をよく見て、何号車か確認。実際の電車には
ドアのところに、例えば2号車だったら「carrozza2」と書いてある。
ちなみに乗る前に切符を刻印機に通して刻印しておかなければならない。

 ジェノバは大きな駅で、エレベーターも設置されていた。駅構内のカフェで
軽くランチを済ませ、タクシーでホテルへ。ジェノバは大都市だけあって、人も
車も多く、小さな村々を巡ってきた私たちにとっては何だか落ち着かない。

 旅の最後はすてきな老舗のホテルのHotel Bristol Palace。
Palaceという名前のとおり、豪華な内装で優雅な気分に浸れそうだ。
明日は半日ジェノバ市内を散策して、ミュンヘン経由で帰国する予定。
画像

画像

 おまけです。旅行中の食事を描いたものと、現地でのスケッチです。
ご笑覧下さいませ。
画像

画像

画像

画像

画像


                             

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2018年07月03日 21:58
スケッチがとても素敵ですね!
私は絵心がないので羨ましいです!!

この記事へのトラックバック