テーマ:グルメ

リヴィエラ海岸を巡る③ポルトベーネレへ

 6月4日  今朝も曇っていて、涼しい。 きょうはポルトベーネレへ移動する日。どうか雨が降りませんように。 朝食後、ホテルから歩いてすぐのサンタマルゲリータ教会へ。 くすんだベージュ色の建物は重厚な感じ。  ホテル近くの広場にはひなげしが植わっていて、モザイクもひなげし、 イルミネーションもひなげし。ここの地名の「S.M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネチアの楽しみ方②

 *ベネチアの楽しみ方②  <お勧めビューポイント>  まず、サンマルコ広場にある鐘楼からの眺望です! 狭い入口から入り、8ユーロを払い、エレベーターで鐘のあるところまで 上ることができる。360度すばらしい眺めが目の前に広がって、思わず歓声。 世界で最も美しい広場と言われるサンマルコ広場をはじめ、連なる煉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス個人旅行⑨エペルネ

6月9日  今朝は少し雨が降り、涼しい朝を迎えた。 昨夜のディナーのお料理やおもてなしを思うと、 朝食もかなり期待してしまう。  朝食をいただく部屋はやはりすてきな調度品で 整えられ、パンやジャム類の数の多さにびっくり。 そうたくさん食べられないのが残念
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス個人旅行⑧ランス

6月8日  昨日ボルドーからパリへ戻り、今朝を迎えている。 昨日のパリは30度近くあり、暑くて、暑くて、人も 多くて、何だか目が回りそうだった。  今朝はひんやり涼しい。ホテルにラゲージを預け、 シャーパニュ地方・ランスへの1泊旅行に出発だ。  パリ東駅からTGVに乗り、田園風景…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランス個人旅行⑦サンテミリオン

6月6日  きょうはボルドーから、世界遺産のサンテミリオンを 訪ねる。サンテミリオンはワインの聖地で、その街の すてきな雰囲気をテレビや本で見て、すごく楽しみに していたところだ。  出発前に日本から、ボルドー観光局が主催している 「快適ミニバンで行く!世界遺産サンテミリオン1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス個人旅行③イル・ド・レ(レ島)

6月2日    きょうは大西洋に浮かぶ島、イル・ド・レに向かう。 ここポンタヴェンからは鉄道1本では行かれない。 まず、タクシーでカンペルリ駅に行き、ナントで 乗り換えて、ラ・ロシェル駅まで行き、そこから バスか、タクシーでイル・ド・レに渡るのだ。  私たちはまずタクシーでカンペルリ駅に。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス個人旅行①パリからポンタヴェンへ

 今回のフランス旅行では、主人が趣味としている 水彩画のモチーフを求めて、ブルターニュ地方の ポンタヴェン、大西洋岸のリゾート地、イルドレ、 ラ・ロッシュ、ワインの産地サンテミリオン、シャンペンの ランス、エペルネを約2週間かけて巡ってきました。  5月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その12

 5月30日  きょうもここアルルでさわやかで涼しい朝を迎える。 昼間もこのまま涼しければいいのになあ。 きょうは1日気ままにアルルの町を散策する予定。 ラゲージを持っての移動もないので、気が楽だ。  ホテルを出て、まずすぐ近くを流れているローヌ川を見に行く。 アルプスの雪解け水が流れ込むローヌ川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その11

 5月29日    いよいよ旅の最後の訪問地、アルルへ移動の日である。 涼しい風が吹いていて、さわやかな朝でスタート。  9時49分発の列車に乗り、20分ほどでアルルへ到着。 アルルの駅は小さな駅で、エスカレーターもエレベーターもなく、 またまた重いラゲージを持って構内を歩く。疲れるなあ。  駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その9

 5月27日    昨夜は雨の音で目が覚めたが、今朝のアヴィニョンは青空。 旅の1日目にちょっと雨に降られたが、以後、ずっと晴天。 朝から快晴で暑くなりそうだと「ちょっと天気が崩れて、 曇ってくれていいのにな」なんて、思ってしまう。  きょうはレンタカーで、リュベロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その7

 5月25日  エクス・アン・プロヴァンスの「Le Pigonnet」での朝、 緑に包まれた、すてきなホテルの庭を散歩する。 小鳥が芝生の上を歩いていたり、美しいさえずりが聞こえて、 何てすがすがしいんだろう。 鳥の鳴き声を聞かせられなくて、本当に残念! いまでも、あの澄みきった声は忘れられないでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その6

 5月24日  きょうはマルセイユからエクス・アン・プロヴァンスに移動だ。   朝食前にラゲージを置いたまま、手ぶらで、 エクス・アン・プロバンスまでの電車の切符を マルセイユ駅に買いに行く。  なぜわざわざこんなことをするかと言うと、フランスはストも 多いし、ちゃんと時間どおり電車が走っているか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その5

 5月23日  きょうはマルセイユへ移動だ。 ホテルからタクシーでニース駅へ。ニース発9時25分発の TGVでマルセイユまで約2時間30分の旅だ。 少々旅の疲れも出てきているので、座っているだけでよい 電車での移動はちょうどよい休養。  TGVの1等車はゆったりしていて、居心地が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その4

5月22日  朝ホテルの部屋の窓を開けたら、ひんやりした空気が 入ってきた。わあ、さわやか。気持ちがいいな!  ニースの街並みと浜辺には朝日が当たり、やさしいピンク色に 染まっている。このスイスホテルは海岸のすぐ前に建っていて、 ニースの海岸が手に取るように見えて、とても素晴らしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その3

 5月21日  朝から雲1つない快晴!ひんやりした空気の中をツバメが 飛び交っている。鳥のさえずりも聞こえ、 快適な1日のスタートだ。  すてきなヴィルフランシュ・シュル・メールに別れを告げ、 今夜宿泊する、ニースのスイスホテルにタクシーで向かった。 朝早くてチェックインはできないので、バゲージをホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語 その2

 5月20日    晴れ。朝は気温20度。 ホテルの部屋のテラスからは、青い海に浮かぶヨットが 白く光っているのが見える。 昨日の朝の天気とは打って変って、雲1つない快晴だ!  きょうは電車でアンティーブへ。 ホテルを8時に出て、ヴィルフランシュの駅へ向かう。  駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南フランス絶景物語  その1

 5月19日  昨日、18日11時5分に成田を出発。シャルル・ドゴール空港で 国内線に乗り継ぎ、ニース空港に19時45分に到着。 タクシーで最初の宿泊地、ヴィルフランシュ・シュル・メールに やって来たのだ。   今朝、窓から見える空は灰色海の色も冴えない色をしている。 きょうは電車でマントンへ行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その13 オータン

 6月5日  今回の旅もいよいよ最終章になってしまった! ロマネスク美術に触れる最後の目的地は古都オータン。 きょうはオータンを見てから、サヴィニー村へ行き、 ボーヌにもう1泊する。  きょうも晴れ。こんなに毎日毎日いい天気に恵まれ、 嬉しい限りだ。  9時、レンタカーで出発。ボーヌの町を抜け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その12 ヴェズレー

 6月4日  すがすがしい朝を迎えた。樹木に囲まれたホテルの庭を 散歩し、すてきなダイニングルームで朝食をいただく。  きょうはレンタカーで、サント・マドレーヌ聖堂で有名な ヴェズレーに出かける。  レンタカーでと言っても、まずは営業所まで行かなくてはい けないので、またまたタクシーを呼んでもらい、ボーヌのハーツ の営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その11 ディジョン

 6月3日  きょうはフランスの食文化の中心地とも呼ばれる、 ブルゴーニュ地方へ移動である。  この地方は何と言ってもワインで有名だし、フランス人が 最も住みたい地域の第1位にランクされている人気の エリアだ。  美しい風景に美食、多くの楽しみが待っていそうだ。    今日はリヨンからディジョン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その10 アヌシー

 6月2日  きょうはスイス国境に近いアヌシーへ出かけるのだ。 天気予報どおり、朝から晴れている。よかった 雑誌でアヌシー湖の美しい写真を見てから、とても楽しみにして いたところだ。  ホテルからリヨン駅まではメトロのD線とB線を利用。 朝8時41分発の列車に乗り、アヌシーに11時7分に到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その9 リヨン

 6月1日  リヨンの朝はひんやりとした空気に包まれていた。 5月25日に始まったこの旅はほぼ半分を過ぎたことになる。 いままで巡礼路、ロマネスク美術、城塞など中世の雰囲気 に浸って過ごしてきたけど、ここでちょっと気分を変えて、 美食の町リヨンに3日間滞在だ。  この町にはローヌ川とソーヌ川という、2つの大きな川 が流…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その8 カルカソンヌ

 5月31日  朝、ホテルの部屋の窓を開けて、空を見ると、いまにも泣き出 しそうな空模様。黒い雲が次々に流れてくる。  8時を過ぎた頃から、真上で雷がゴロゴロと鳴り響き、とうとう ザーザーと音を立てて雷雨となってしまった。  こんな豪雨ではホテルから出られない!  昨夜見た、闇に浮かび上がった中世の城塞を早く見にいきた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その7 アルビ

 5月30日  朝食を済ませ、チェックアウト。バゲージをホテルに預け、 きょうは画家ロートレックの生れ故郷のアルビへ。  朝から青空が広がり、ミディ運河の水面も輝いて見える。 ただし、水は残念ながら、透明感はなく、濁ったグリーン なのだが……。  トゥールーズ駅9時発の列車に乗る。たった1車両だけ なので車内は満席。そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい!その5 ロカマドール

5月28日  窓の外は朝日に輝くドルドーニュ川の流れと小鳥のさえずり、 さわやかな朝を迎えた。空気がひんやりとして、長袖でないと 寒いくらいだ。温度計を見たら、12.5度。涼しいはずだ。    朝食の前にホテルの近くを散策してみた。ここには民家が 30軒あるかないかの田舎の小さな集落であるが、どの家も庭 が花でいっぱいだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その4 ドルドーニュ渓谷

 5月27日  きょうは憧れのドルドーニュ渓谷へ。 この渓谷沿いには「フランスで美しい村」に認定されている村が たくさんあり、それらをレンタカーで巡るのだ。公共の交通機関 がないので、この地方を巡りたい私たちはレンターを選ぶこと にした。    列車に乗るのと違い、車での移動は便利ながらも、やはり緊 張する。主人には車の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランスは田舎が美しい! その3 モワサック、カオールへ

5月26日  フランスでは国鉄のストライキが多いということは承知していた。 私たちは昨年、一昨年のフランス旅行でもストライキに遭遇して いる。だから、出発直前までネットで情報を集めていたが、ストの 情報はつかめなかった。  ア~ア なんと3年連続ストライキにぶつかってしまった!  1時間遅れの8時にチケットオフィスがオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more