ベネチアの楽しみ方②

 *ベネチアの楽しみ方②

 <お勧めビューポイント>

 まず、サンマルコ広場にある鐘楼からの眺望です!

狭い入口から入り、8ユーロを払い、エレベーターで鐘のあるところまで

上ることができる。360度すばらしい眺めが目の前に広がって、思わず歓声。

世界で最も美しい広場と言われるサンマルコ広場をはじめ、連なる煉瓦色の

屋根、船の行き交うラグーナ、遠くには島々が見え、絶景!
画像

画像


 そして、私のいちばんのお気に入りはサン・ジョルジョ・マッジョーレ島の教会の

鐘楼からの眺め。9時からエレベーター(3ユーロ)で上がることができる。

サンマルコ運河の向こうにサンマルコ寺院、ドゥカーレ宮、停泊中の豪華客船、

真下にサン・ジョルジョ・マッジョーレ島内の建物等、

いくら見ていても飽きない、すばらしい景色が広がる。

この教会がベネチア全体をやさしく見守っているように思えた。
画像

画像

画像


 <お勧めの散策エリア>
 
  観光客が多いベネチアでも比較的静かで、小運河の景観、ショップ等が

ゆっくり楽しめるところとして、次のエリアがいい。

 *ヴァポレットをSalute駅で降りて、S.M.デッラ・サルーテ教会から

アカデミア美術館への路地周辺。
画像

画像

 
 *アカデミア橋。観光客が多いけれども、ベネチアに来たら、絶対はずせない

ビューポイント。大運河に浮かぶS.M.デッラ・サルーテ教会が眺められる。
画像

画像

画像

 
 *ザッテレ河岸、スクエーロゴンドラ造船所界隈の小運河。
画像

画像


<お勧めのホテルとレストラン>

 ベネチアには観光客が1年間に2000万人も訪れるそうだ。何しろ観光客が多い

ところ。

そんないろいろな国の人たちの様子、美しい運河に浮かぶゴンドラ、ヴァポレット、

毎日出入港する豪華客船なども眺められ、ベネチアの1日をたっぷり堪能できる

のは、やはりゆったりとしたサンマルコ運河に面したホテルがお勧めだ。

 私たちはヴァポレットのサン・ザッカリア駅の前の“Hotel Savoia & Jolanda”に

宿泊した。最上階のバルコニー付きのジュニアースイートルーム。

バルコニーには椅子とテーブルが置かれている。

真正面にサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の美しい姿、ゴンドラ、遠くの教会

のドーム、行き交う観光客等々、ずっと眺めていたい風景が1日中見られる。
 
 朝まだ日が昇る前に、ゆっくりと姿を見せた豪華客船には圧倒された。

乗船客が甲板に出て写真を撮る、そのフラッシュが暗い中で光る。

水先案内の船がロープで先導している。わあ、すごいな。別世界!

どこをどんな旅をしているのかな。憧れの目で見てしまった。
画像

画像

画像

画像

 
 イタリアに来たら、おいしい食事とワインも楽しみの1つ。

日本でもいろいろ下調べはしていくが、やはり自分の目で見ないと、という思いが

あり、夕食は下見をして、よければ、予約をしてくるということを行った。

 “Osteria Oliva Nera”

 ベネチア本島。サンマルコ運河に面したピエタ教会とホテルメトロポールの

間の道を3、4分行ったところにある。

 ベネチア料理がおいしい。お料理の名前は覚えていないが、

シーフードのお料理、ポルチーニのリゾット、イカスミのパスタが絶品。

素敵な食器に美しく盛られている。すごく落ち着ける店内の雰囲気がいい。

白ワインはヴェネト州のソアーヴェ。

店内も落ち着いた雰囲気でスタッフの女性も親切。

帰りにはオリーブオイルのプレゼントがあって感激。
画像

画像

画像
画像



 “RISTORANTE ALVAGON”

 サンティ・アポストリ教会近くの、ゴンドラの行き交う水路沿いにある、

地元の人に人気のレストラン。

シーフードの盛り合わせ、リゾットがおいしい。

画像

画像

画像

画像


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック